スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ドラグニア~

創作世界、ドラグニアに住まう四龍人とその他色々の設定などなど。随時更新(予定)!
【世界観】
ドラグニア:かつて一匹のドラゴン『始祖龍』によって創られたという神話の残る世界。
始祖龍は四匹の龍に体を分け、そのの末裔が世界を統治している。4つの国は共存共栄しており、各国の姫君同士も非常に仲が良い。剣と魔法が主となっていた世界だが、近年になって原因不明の魔法力の全体的な低下に伴い、インターネットや携帯電話などの近代文化が混在し始めている。
竜人以外の亜人や、人間も共存共栄している。ただ、亜人が国を統治する事をよく思っていない人間も少なからず存在する。

謎部屋:サラ子が見つけた謎の空間。こたつとテレビとその他色々ある部屋。どこでもドア的な襖があり、各国に通じている。四龍人は普段ここに集まって遊んでいる。各々の家とは別の拠点的な場所であり、念じれば襖からどこにでも行ける。襖は一度出た場所や世界に残る為、帰る時はその襖を再び開かないといけない。リバ子が引きこもりの一環で常駐していることがある。


ミキシング学園
ドラゴニアに位置する巨大な学園。人間と亜人の共存の歴史が最も深い場所とされている。四龍人達は身分を隠し通っている・・・が、極端にリバ子の出席日数だけが少ない。

・アリエーリア王国
広い海の領地を持つ王国。水棲亜人が多く住まう他、リゾート地としても人気が高い。
王城は海の底に存在する。

・ラヴァディア帝国
熱い火山と鍛冶が盛んな帝国。温かいところが好きな亜人が多く住まう。
王城は帝国の中で最も大きな火山のふもとに存在する。

・ウィンドラ王国
大樹の上と下に国が分かれている。穏やかな気候で空を飛べる亜人が多く住まう。

・グラントス連合国
いくつかの小国を現グラントス王がまとめた連合国。広大な土地と都市を有し、
市場の中心となっている。
りばこ
【水鏡龍 アリエーリア・ディープマリン・リヴァリシア】
「……自堕落、サイコー」
「こ……ここから始動で六割持っていくとかっ……!」
「私が戦えないとでも? ……いいよ。引きこもりの本気、見せてあげる」
リヴァイアサン種
性別:女
年齢:肉体年齢は16ぐらい
一人称:私
二人称:あなた、あんた
身長:165cm
B:96 W:55 H:82
通称『リバ子』。
・王宮での堅苦しい生活に嫌気を感じ逃走、普段は海底の奥深くに小さな住居を構え、そこに引きこもったり、謎部屋で自堕落に過ごしている。
・典型的なアニオタ、ゲーオタであり、インターネット環境がないと死ぬと常に公言している。あまり多くを語らない無口な性格だが、アニメやゲームの話題になると途端に饒舌になる。また、意外と負けず嫌いであり、対戦格闘ゲーム等で散財する事もしばしば。
・無気力、自堕落のダメ竜人。また、低血圧で朝も弱く、体を動かす事自体はそこまで嫌いではないが基礎体力が絶望的に低い為すぐにバテる。ただ四龍の中では唯一王宮での暮らしを自ら絶っているので金銭面に関してはきっちりしている。
・好物はピッツァとサンゴ。サンゴは細かく砕いてじゃがりこみたいにして食べている。鱗から魔力を帯びた剣のようなものを生成し戦闘を行う事が可能。怒ると高水圧のレーザー、水龍砲(仮)を口から撃ちだす。
始祖龍より『鱗』を継承している。



さらこ
【獄炎龍 ラヴァディア・インフェノワール・サラムドゥラ】
「よぉよぉそこのあんちゃん、アタシと喧嘩しよーぜ!」
「ほらほら見ろよコレ! 面白くね?」
「ぜってーにゆるさねぇ!!お前はアタシがぶっ潰す!!」

サラマンダー種
性別:女
年齢:肉体年齢は17ぐらい
一人称:アタシ
二人称:お前
身長:171cm
B:99 W:58 H:86
通称『サラ子』。
・オラオラ系女子。常に刺激を求める四龍人の中でもトラブルメーカ―担当。珍しい物、新しい物が大好きで、度々自分の知らないものや珍しい物を部屋に持ち込む。
・非常に好戦的であり、喧嘩大好き。強そうな者を見かけたら後先考えずに突っ込んでいく。鋭い爪での近接戦闘を得意とする。馬鹿力で障害物を片っ端から破壊していくが、反面自身の防御はあまり得意としていない。また、戦う相手を探す為に謎部屋の襖を使って多次元を周っている事もある。
・バトルバカであり、頭はあまり良くない。小学生レベルの問題で深く考え込む事もしばしば。また、性的知識はある事にはあるが非常にウブであり、話題に出すと怒り出す。その他、向けられた好意を素直に受け取れなかったり、総じて子供っぽい言動が目立つ。
・家族揃ってこんなのばっかなので特に家に不自由は感じていない。
・好物は辛い物だが、その他にも火山弾を砕いてスナック感覚で食べるのが炎龍のしきたり。
始祖龍より『爪』を継承している。



ヴぁるこ
【烈風龍 ウィンドラ・ブラスティア・ワイヴァール】
「ふえぇ……あまり、子供扱いしないで、欲しい……かな」
「そ、空を飛ぶのって、とっても気持ちいいんですよっ!」
「わたしには、守る事しか出来ないから……!」

ワイバーン種
性別:女
年齢:肉体年齢は15ぐらい
一人称:わたし
二人称:あなた
身長:149cm
B:91 W:51 H:79
通称『ヴァル子』。
・常におどおどしている気弱な子。四龍人の中でも小柄で年下という事もありよく可愛がられている。
・虫も殺せないような心優しい性格で、総じて趣味は子供っぽい。しかし本人はあまり子供扱いしないでほしいと思っている。
・泣き虫で、ちょっとした事ですぐ涙目になってしまう。ただ、立ち直りも比較的早い。
・大きな二翼の翼を持っているが、羽ばたいて飛ぶ事はあまりなく、普段は翼の魔力により飛んでいる。
・平和主義という性格もあり、戦闘はあまり得意ではないが、自衛手段や他の誰かを守る為に暴風を纏う事で全ての攻撃を弾き返す防壁とする。空を飛ぶことが大好きだが、空を飛んでいると何故だか少し気持ちよくなって来るのが最近の悩み。
始祖龍より『翼』を継承している。



れすこ
【崩土龍 グラントス・ロッケティア・バジレスト】
「さて、今日は何を作ろうかしらね~?」
「あらあら、このCPは凄く熱いわ……うふふ、滾ってきちゃう」
「……今『年増』って言った奴、前でろ♪」

バジリスク種
性別:女
年齢:肉体年齢は20ぐらい
一人称:私
二人称:貴方
身長:166cm
B:97 W:60 H:89
通称『レス子』。
あらあらうふふというセリフが似合う淑女に見えるがその正体は変態。他の3人(主にリバ子かヴァル子)に対するセクハラ行為を頻繁に行う。
・また、重度の腐女子であり度々妄想世界へトリップしている。度々身分を隠して同人イベント等にも出没している。
・ドラグニアでは名の知れた天才魔導科学者であり、膨大な知識の量が武器。いざという時は瞬時にあらゆる兵装を創造したり、強力な大地魔法で敵を薙ぎ払う。生えている角に魔力が集中している。
・同人活動と発明が趣味。彼女の発明品はあまり良い結果を残す物は多くなく、大体ろくな事にならない事が多い。サラ子に並ぶトラブルの一因である。
・他の四龍人に比べると年上であり、加えて物腰も落ち着いているので度々実年齢以上に見られることがあり、悩みのタネでもあり逆鱗でもある。
始祖龍より『角』を継承している。



リア子顔蔵
【夢幻龍 エティーニル・ミステット・ウロボレア】
「こんにちは、ごきげんようこんばんは。ぼくの名前はウロボリア。ねぇ・・・アソボうよ?」
「しそりゅうのちから、おねえちゃんたちにはもったいないよ!ぼくがゆーこーかつようしてあげる!!」
「アッハッハッハッハ! ぜんぶ、ぜんぶこわれちゃえ!!」
ウロボロス種
性別:女
年齢:不明
一人称:ぼく
二人称:きみ
身長:145cm
B:68 W:54 H:74
通称『レア子』だが、通称が使われる事は非常に少ない。
・歴史から姿を消していた五つ目の竜人、エティーニル家の末裔を自称。
・姿とは不相応に非常に長い間生きてきたが、精神は幼児並。
・その行動理念は子供そのものであり、あらゆる物に興味を示す。好奇心旺盛で何にでも感動する。しかし非常にわがままで気に入らないものは全て破壊する。また、気に入った物に対する執着が非常に強く、たかがおもちゃ一つの為に国を滅ぼすぐらい何のためらいもない。
・戦闘時は手から球状の黒いエネルギー体をいくつも発生させてそれを操り戦う。また、翼をもたないが次元転移の応用で自由に飛行する事を可能としている。
・その正体はかつて二分したエティーニル家の『シェードの一族』の最後の生き残りによって生み出された魔導ホムンクルス。500年前に謎部屋に封印されていたが、謎部屋の襖が開かれた事により封印が解け、この世界に顕現した。
・エティーニル家の秘術である『次元渡り』を使用できる。その性質は謎部屋に存在する襖と同等の物。また、次元空間にワームホールを作り出す事が可能であり、あまりに巨大なものでなければ次元転移させることが可能。
・彼女の存在理由は『始祖龍』の力を己が物とすること。四龍人を喰らい、継承した始祖龍のパーツを手に入れようとしている。始祖龍の力を用いて世界の浄化を図る。しかし、プログラムされた『それ』が本当に自分の意志なのかわからずに葛藤している。
開発者が始祖龍より継承した『右の瞳』が埋め込まれている。


・ドクター・エティーニル
ウロボリアの制作者にして、エティーニル家、シェードの一族の末裔。歪んだ感性を持ち、シェードの一族復興の為に始祖龍の力を集めようとして、失敗。その後自身のDNAを元に作られた魔導ホムンクルス、ウロボリアに自身の引き継いだ始祖龍の『瞳』を与え、死没。



ロロ子顔蔵
【無限龍 エティーニル・シャイア・リンドブロロ】
リンドブルム種
性別:女
年齢:大体17
一人称:私
二人称:お前
身長:160cm
B:81 W:57 H:84
「おっしゃー! 私が来たからにはただでは帰さんぞ!」
「みんなが笑ってハッピーでいられれば、それが一番幸せなんじゃないかしら?」

「レア子……お前は、私……なの?」
通称『ロロ子』。
・エティーニル家シェード一派の反乱により異世界『超人戯画世界』へと逃れたエティーニル家の正式な生き残りの末裔。しかし本人はそのことを知らない。(超人戯画世界に関しては後に更新予定)
・魔法などの才は今の所存在しないが、多くの魔力を保持している。
・いつも明るく元気いっぱい。イタズラ好きで度々周りの人を困らせる。楽しいこと至上主義で、物事の判断基準は楽しいか否かで決める。身体を動かすことが大好きだがかなりドジである。ひらひらしたスカートが嫌いで、常にブレザーにブルマだけという動きやすい格好をしている。
・始祖龍より『左の瞳』を継承している。


ソワレの血族:あらゆる世界に存在する「世界をより面白くする」為に動くとされる一族。
そのほとんどの行為は世界を引っ掻き回す結果に至ることが多い。
スポンサーサイト
プロフィール

空夜@厨二病

Author:空夜@厨二病
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。